東洋染工
0776-51-2323
採用に関する
お問合せ
お問合せ

技術情報

TOYO TECHNOLOGY
TECHNOLOGY

熱線反射濃色

熱線反射濃色加工
ナイロン素材用染色加工技術

太陽光による被服内の温度上昇を最適に防ぎます。

一般的に濃色の生地は淡色に比べて直接太陽光に晒された時、より大きな表面温度上昇が起こります。当社の熱線反射濃色加工を施すことにより、太陽光の熱線を効果的に跳ね返し、被服内の温度上昇を最適に防ぎます。

対象素材

ナイロン

用途

アウトドアウェア/サイクリングパンツ/ランニングウェア/ユニフォーム etc

特徴FEATURES
  • ポリウレタン混を含むナイロンリッチ素材に対し、効果が期待出来ます。
  • ブラック色をはじめとする温度上昇が起こる濃色に対し、幅広いカラーで対応可能です。
  • 温度上昇試験による、明らかな違いを確認済み。
性能PERFORMANCE
温度上昇試験データ

加工による明らかな温度上昇の違いが発現しました。

照射30分後

生地の素材により、上記データは変化します。